研究業績

研究業績

論文

  • 田村恵子.【インタビュー】がん患者におけるCOVID-19による「面会制限」の影響」臨床実践と看護管理の視点から, 看護管理, 2021, vol31, no2,103-107
  • Kato H, Tamura K. Family Members’ Experience of Discussions on End-of-Life Care in Nursing Homes in Japan: A Qualitative Descriptive Study of Family Members’ Narratives.Journal of hospice and Palliative Nursing, 22(5) 401 - 406 2020年10月
  • 田村恵子. さまざまな経験から考える緩和ケア領域の家族ケアとは, 緩和ケア, 2020, 30, 増刊号,207-211
  • Metaxa, V., Anagnostou, D, Curtis, R et al. Palliative care interventions in intensive care unit patients - a systematic review protocol. Systematic reviews, 2019, 8, 1, 148. https://doi.org/10.1186/s13643-019-1064-y.
  • Anagnostou D. Nursing interventions improve preparedness, competence, reward and burden of family caregivers in end-of-life care at home.Evidence-Based Nursing Published Online First, 2019, doi: 10.1136/ebnurs-2019-103141.
  • Kaori Ichihara, Sayako Ouchi, Sachiko Okayama, Fukiko Kinoshita, Mitsunori Miyashita, Tatsuya Morita, Keiko Tamura. Effectiveness of spiritual care using spiritual pain assessment sheet for advanced cancer patients: A pilot non-randomized controlled trial. Palliative and Supportive Care, 2019, 17, 1, 46-53
  • Nelson A, Byrne A, Anagnostou D, Sampson K et al.33 Development of an intervention to support lung cancer patients and their clinicians when considering systematic anti-cancer therapy: the pact study, a prospective multi-centre multi-methods five-stage qualitative study.BMJ Supportive & Palliative Care, 2018, 8, 372.
  • Baillie, J., Anagnostou, D., Sivell, S., Van Godwin, J., Byrne, A., & Nelson, A.Symptom management, nutrition and hydration at end-of-life: a qualitative exploration of patients', carers' and health professionals' experiences and further research questions. BMC palliative care, 2018, 17, 1, 60.https://doi.org/10.1186/s12904-018-0314-4.
  • Arahata Tomoko, Miyashita Mitsunori, Takenouchi Sayaka, Tamura Keiko, Kizawa Yoshiyuki. Development of an Instrument for Evaluating Nurses' Knowledge and Attitude Toward End-of-Life Care: End-of-Life Nursing Education ConsortiumJapan Core Quiz. JOURNAL OF HOSPICE & PALLIATIVE NURSING, 2018, 20, 1, 55-62
  • Yamada Y, Fujimori M, Shirai Y, Ninomiya H, Oka T, Uchitomi Y. Changes in Physicians’ Intrapersonal Empathy After a Communication Skills Training in Japan. Academic Medicine 2018; 93: 1821–1826.
  • Baillie, J., Anagnostou, D., Sivell, S., Van Godwin, J., Byrne, A., & Nelson, A. Symptom management, nutrition and hydration at end-of-life: a qualitative exploration of patients', carers' and health professionals' experiences and further research questions. BMC palliative care, 2018, 17(1), 60. doi:10.1186/s12904-018-0314-4
  • 井沢知子,荒尾晴惠,Ⅱ期以降の続発性リンパ浮腫患者が複合的治療のアドヒアランスを獲得していくプロセス,日本看護科学学会誌, 2018;38,184-192.
  • Nakazato K,Shiozaki M,Hirai K,Morita T,Tatara R,Ichihara K,Sato S,Simizu M,Tuneto S,Shima Y,Miyashita M.Verbal communication of families with cancer patients at end of life: A questionnaire survey with bereaved family members.Psycho-oncology.2018 Jan;27(1):155-162. doi: 10.1002/pon.4482.
  • 中里和弘,塩崎麻里子,平井啓,森田達也,多田羅竜平,市原香織,佐藤眞一,恒藤暁,志真泰夫,宮下光令.ホスピス・緩和ケア病棟における患者と家族間の思いの言語化を支える家族支援─遺族調査による家族支援と「患者と家族との良好な関係性」および「ケアの全般的満足度」との関連性の検討─.Palliat Care Res 2018; 13(3): 263–71.
  • Takenouchi Sayaka, Sasahara Tomoyo, Miyashita Mitsunori, Kawa Masako, Umeda Megumi, Kuwata Miyoko, Arahata Tomoko, Kizawa Yoshiyuki, Tamura Keiko. Empowering Nurses Through Translating the End-of-Life Nursing Education Consortium: The End-of-Life Nursing Education Consortium-Japan Core Curriculum Project. JOURNAL OF HOSPICE & PALLIATIVE NURSING, 2017, 19, 6, 539-549
  • Anagnostou, D. "Palliative care improves quality of life and reduces symptom burden in adults with life-limiting illness." Evidence-based nursing 20, no. 2 (2017): 47-48.
  • Longo, M., Anagnostou, D., Sivell, S., Noble, S., Lester, J., Byrne, A., ... & Nelson, A. Using multiple qualitative methods to develop a complex intervention: the PACT study. (2017, May). In TRIALS (Vol. 18). 236 GRAYS INN RD, FLOOR 6, LONDON WC1X 8HL, ENGLAND: BIOMED CENTRAL LTD.
  • Fujiwara N, Kazuma K, Shirai Y, Saito Y, Nagamura F, Iwase S, Ochiai R. Qualitative Analysis of Clinical Research Coordinators’ Role in Phase I Cancer Clinical Trials. Contemporary Clinical Trials Communications 2017; 8: 156-161.

解説・総説

  • 近藤めぐみ, 田村恵子 患者サロンをウェブで-地域の患者サロン(ともいき京都) 緩和ケア 2021; 31(Suppl): 114-116.
  • 市原香織 看護実践に活かせるスピリチュアルケアセミナー―スピリチュアルケアをオンラインで探求する! 緩和ケア 2021; 31(Suppl): 136-140.
  • 宮下光令・林ゑり子編著, 松村優子分担執筆  エキスパートナース, Vol.35 No.1,照林社,2019.
  • 田村恵子 「視点と実際4」「あなたと私は違う」という気づき 緩和ケア 2018; 28(2): 102-105.
  • 浜西潤三,井沢知子 下肢浮腫による痛み・苦痛の緩和,がん患者と対症療法2018;2(1):36-42.
  • 市原香織 突出痛って?どうアセスメントするの?.がん看護 2018;23:2:150-155.
  • 田村恵子 夜は「眠らないといけない」のか?-倫理的な観点から 緩和ケア 2017; 27(4): 226-229.
  • 白井由紀 がん医療におけるコミュニケーション ファルマシア 2017; 53(6): 540-544.
  • 小早川 誠, 白井由紀  こころにどう寄り添うか:サイコオンコロジーの視点から がん看護 2017; 22(4): 410-413.
  • 浅井真理子, 白井由紀 ケアする人が使えるカウンセリングスキル エンド・オブ・ライフ・ケア2017; 1(2): 35-43.

学会発表

国際
  • Kato H, Tamura K. Behavior Change in End-of-Life Discussions Among Family Members of Nursing Home Residents: Qualitative Descriptive Study. 21st EAFONS & 11th INC. Seoul, South Korea. January, 2018
  • Sato A, Fujimori M, Shirai Y, Umezawa S, Mori M, Matsuoka Y, Uchitomi Y. Development of a question prompt list (QPL) for promoting discussions about the cessation of anticancer treatment. The 20th International Psycho-Oncology Society World Congress of Psycho-Oncology (IPOS 2018): 2018; Hong Kong
  • Nelson A, Byrne A, Sivel S, Longo M, Noble S, Lester J, Anagnostou D, Sampson C. Development of an intervention to support lung cancer patients and their clinicians when considering systematic anti-cancer therapy: the pact study, a prospective multi-centre multi-methods five-stage qualitative study, Marie Curie Palliative Care Conference, October 2018, Royal Society of Medicine, London- UK
  • Anagnostou D., Sampson C., Sivell S., Nelson A., How Do Multidisciplinary Teams Make Decisions about Treatment in Advanced Lung Cancer; Findings from the PACT Study, 9th International Conference of Shared Decision-Making, Lyon- France, July 2017
  • Izawa T, Arao H, Concept analysis of self-care adherence in patients with irreversible lymphedema caused by cancer treatment, The 20th East Asian Forum Of Nursing Scholars, 2017.March, Hong kong.
国内
招聘講演・シンポジウム
  • 白井由紀 招待講演 会長企画シンポジウム がん治療とコミュニケーションスキル シンポジスト 第57回日本癌治療学会学術集会; 2019 October 福岡
  • 井沢知子  シンポジウム タキサン系抗がん剤による浮腫の治療とケア シンポジスト 第4回日本リンパ浮腫治療学会学術集会; 2019 October 兵庫
  • 白井由紀 招待講演 会長企画シンポジウム サイコオンコロジー:がん治療の進歩によって患者・医療者間のコミュニケーションは変化したのか シンポジスト 第17回日本臨床腫瘍学会学術集会; 2019 July 京都
  • 白井由紀  シンポジウム30エビデンスに基づくコミュニケーション:心の声を聴く シンポジスト 第24回日本緩和医療学会学術大会; 2019 June 横浜
  • 田村恵子 特別講演 全ての人の権利としての緩和ケア 第16回関西看護学生看護研究大会; 2018 神戸
  • 田村恵子 招待講演 取れない痛みに対してどう対応するか「物語としての全人的苦痛」 第23回日本緩和医療学会学術大会; 2018 神戸
  • 田村恵子 看護教育講演 小児の緩和ケアへの示唆-成人・老人への緩和ケアを手がかりに- 第60回日本小児血液・がん学会学術集会/第16回日本小児がん看護学会学術集会; 2018 京都
  • 田村恵子 『面白いを探求する』これからのいきかた「〈生〉と〈死〉をつなぐケア-看護学からのアプローチ―」 第13回京都大学東京フォーラム; 2018 東京
  • 白井由紀  シンポジウム15「悪い知らせを伝える」コミュニケーションガイドライン シンポジスト 第23回日本緩和医療学会学術大会; 2018 June; 神戸(6月15日)
  • 田村恵子 特別講演 がんを生き抜く人を支える 第30回日本サイコオンコロジー学会総会/第23回日本臨床死生学会総会合同大会; 2017 東京
一般講演
  • 田村恵子 大阪YWCA 講演「希望は必ず見つかる-死その時まで人は生きる」,平成31年3月16日,大阪
  • 田村恵子 第41回近畿小児血液・がん研究会 市民公開講座シンポジウム シンポジスト「AYA世代への新たな支援-ともいき京都活動を通じて-」,平成31年2月16日,京都
  • 田村恵子 セルフケアグループ「きらら会」 2018年度がん患者遺族のための「グリーフケア講演会」講演「大切な人を亡くす悲しみと心のよりどころ」,平成31年2月2日,滋賀
  • 田村恵子 京都府看護協会 看取り基礎研修「終末期(がん・非がん)における症状マネジメント」 平成31年2月2日,京都
  • 田村恵子 第26回日本緩和医療学会教育セミナー「日常ケアにおける倫理」 平成31年1月12日,石川
  • 田村恵子 京都府看護協会 実践能力向上のための研修「がん患者のエンド・オブ・ライフケア」 平成31年1月9日,京都
  • 田村恵子 ロングライフメディカル株式会社 講演「在宅医療・看護・介護の現状と課題とその対処方法」,平成30年11月7日,大阪
  • 田村恵子 大阪済生会中津看護専門学校 講演「新たな終末期看護-エンド・オブ・ライフケアの視点から」,平成30年11月7日,大阪
  • 田村恵子 日本赤十字社和歌山医療センター 緩和ケア病棟内覧会特別講演会「苦や死に向き合う人を支える」,平成30年9月17日,和歌山
  • 田村恵子 三重県看護協会 平成30年度看護実践研修「残される家族の悲しみを和らげるためのグリーフケアとは」,平成30年9月12日,三重
口演・ワークショップ
  • 市原香織大内紗也子,岡山幸子,木下富貴子,宮下光令,森田達也,田村恵子 進行がん患者に対するSpiPasを用いたスピリチュアルケアの有効性:前後比較Ⅱ相試験.日本緩和医療学会学術大会プログラム・抄録集 2017;22:S349.
  • 平田麻友香,市原香織田村恵子 過去5年間の看護領域におけるスピリチュアリティ概念に関する文献検討.日本緩和医療学会学術大会プログラム・抄録集 2017;22:S522.
  • 東承子, 白井由紀, 吉田厚子, 大嶋健三郎. 独立型緩和ケア施設における僧侶の関わりに対する遺族評価 第22回日本緩和医療学会学術大会: 2017 June; 横浜 (6月23日)
  • 井沢知子,荒尾晴惠 非可逆性リンパ浮腫患者におけるセルフケアのアドヒアランスを獲得するプロセスと影響する事象,第2回日本リンパ浮腫治療学会,2017.9.
  • 市原香織 ワークショップ 対話を通して考える「相手の価値観を理解し尊重するとは」第42回日本死の臨床研究会年次大会 2018年12月8日,新潟
ポスター発表
  • 松村優子 「臨床倫理コンサルテーションチーム設置までのプロセスと今後の展望」第7回日本臨床倫理学会年次大会(2019年3月30~31日)
  • 松村優子 ポスター発表「一般病棟における「アズ・イフ(あたかも)」を用いたデスカンファレンスの試み」第42回日本死の臨床研究会年次大会(2018年12月8-9日)
  • 鈴木直美,市原香織近藤めぐみ田村恵子,梅田恵,梅田史世 PALポスターディスカッション地域におけるがんサバイバー同士が対話でつながり支え合う「ともいき京都」の活動紹介.日本緩和医療学会学術大会プログラム・抄録集 2017;22:S588.

著書

  • 恒藤暁, 田村恵子編著, 白井由紀分担執筆. 系統看護学講座 別巻 緩和ケア(第3版第1刷) 東京: 医学書院;2020.
  • 白井由紀「第Ⅴ章 心理社会的・スピリチュアルな側面 コミュニケーション」特定非営利活動法人 日本緩和医療学会編集. 専門家をめざす人のための緩和医療学(改訂第2版). 東京: 南江堂; 2019. 382-389.
  • 井沢知子「11緩和ケアにおける浮腫」重松宏, 松原忍編. WOC Nursing7(12). 東京: 医学出版; 2019.78-83.
  • 田村恵子「3.緩和ケアにおける教育 B.看護師教育‐がん医療に携わる看護研修事業,ELNEC-Jコアカリキュラム,SPACE-Nプログラムを中心に」志真泰夫・恒藤暁・細川豊史・宮下光令・山崎章郎編集『ホスピス緩和ケア白書2018 がん対策基本法 これまでの10年これからの10年』39-43頁,青海社,2018.
  • 宮下光令編著, 松村優子・加藤裕規分担執筆. 看取りケア プラクティス×エビデンス, 南江堂,2018.
  • 田村恵子「第3章 苦痛緩和 1全人的苦痛とは 5包括的アセスメントの進め方」田村恵子編『緩和ケア教育テキスト がんと診断された時からの緩和ケアの推進』56-62頁.134-140頁,メディカ出版社,2017.
  • 田村恵子「第2章 スピリチュアルペインのアセスメントとケア計画の立て方」田村恵子・河正子・森田達也編『スピリチュアルケアの手引き 第二版』27-49頁,青海社,2017
  • 田村恵子編著, 白井由紀・井沢知子・市原香織・松村優子分担執筆. 経過別成人看護学4 終末期看護:エンド・オブ・ライフ・ケア. 東京: メヂカルフレンド社;2017.

研究活動

研究会における講演など

  • 白井由紀. がん医療におけるコミュニケーション 講師 平成28年度第6回あそかビハーラ緩和ケアレクチャー; 2017 Mar; 京都 (3月16日)

報道

  • 田村恵子 コロナ禍と「面会制限」 2021年6月29日,読売新聞 医療の意思決定
  • 田村恵子 緩和ケアの質低下7割 2021年6月28日,読売新聞 14面
  • 田村恵子 京大教授の看護師が挑む「がん緩和ケアの究極」(東洋経済オンライン)2021年1月8日, Yahoo!ニュース
  • 田村恵子 フォーラムがんと生きる~こころとからだ わたしらしく~ 2020年2月23日,読売新聞 16面; 2020年5月16日,NHK Eテレ
  • 市原香織 TVシンポジウム「がんになっても私らしく」 2018年7月7日,NHK Eテレ
  • 田村恵子 それぞれの最終楽章「がん看護の現場で」①~⑦ 2018年5月26日-7月7日 朝日新聞 be on Saturday
  • Anagnostou D. Interview with e-cancer: Reporting on the results of a national survery: Palliative and End of life care Priority Setting Partnership (PeolcPSP)-Famimliy burden, January 2017, https://www.youtube.com/watch?v=NZ0Dt244qyA
  • Anagnostou D. Podcast with BMJ Evidence-Based-Nursing: Dr David Barrett, Associate Editor on EBN, talks to Dr Despina Anagnostou, School of Medicine, Cardiff University. about her published paper "Palliative care improves quality of life and reduces symptom burden in adults with life-limiting illness". August 2017, https://tunein.com/podcasts/Health--Wellness-Podcasts/Evidence-Based-Nursing-podcast-p985554/?topicId=126852846