研究紹介

役 職 氏 名 研究紹介
教 授 田村恵子 がん治療中もしくはがんサバイバーとしてがんと共に生活している人々が抱えている身体的・精神的な症状、療養や暮らしの中での問題点、「Why me?」に代表されるスピリチュアルな苦悩を、緩和ケアの視点から軽減するための看護について研究を行っています。
准教授 白井由紀 がん医療に関するコミュニケーションについて、患者さん・ご家族、医療者を対象とした調査研究に携わっています。また、白血病や悪性リンパ腫などの造血器悪性腫瘍患者さんの意思決定や緩和ケアについて研究しています。
准教授 ANAGNOSTOU Despoina My research focuses on palliative care experience of patients, families and health care professionals. Also, focuses on treatment decision-making, shared decision-making processes, communication between patient/ family and clinicians. Quality-of-life, support care systems for both families and patients. Patient preferences in end-of-life care, including advanced care planning (ACP). Cross cultural research between Japan and the West.
助 教 井沢知子 がん治療後の後遺症のひとつであるリンパ浮腫についての患者対象の研究や看護師教育に携わっています。また、研究領域は緩和ケア全般にも取り組んでいます。

学位論文タイトル

修士論文

  • がんサバイバーの“生き抜く力”とは何か:熟練ケア提供者のがんサバイバーに対するケアの経験から
  • 終末期直前の希死念慮を生み出す苦痛の複雑性:探索的研究
  • 特別養護老人ホーム入居者の家族による 終末期ケアに関する話し合いにおける行動変容の経験:質的記述的研究
  • 多様化する看護師のキャリアデザインに関する質的研究

卒業論文

  • 緩和ケアチーム看護師の心不全患者緩和ケアにおける困難
  • AYA 世代にがんに罹患したサバイバーによるがん体験の意味付けの変遷
  • 在宅看護における看取りパンフレット活用の実態 : 質的記述的研究
  • 終末期がん患者と家族で療養の場の意向が異なる場合における看護師の意思決定支援
  • がんサバイバーが体験した入院治療中の苦痛が大きい場面における看護師の関わりと関わりに対して抱く思い
  • 終末期がん患者の在宅移行支援における退院調整看護師と病棟看護師の担う役割と相互に期待する役割

情報公開